KOLおつまみ更新14

2017.09.27 23:15|小説・詩
こんばんは、七海です。
えっらい時間になってもーた。

九月が終わりますね。早い怖い。
そろそろぼちぼち、重い腰を上げて仕事を探しはじめようかと思っています。それと同時に、今まで私があちこちに蒔いてきた作品たちをどう収拾していこうかと悩んでいます。

そんなわけでとりあえずKOL。
最近、ブログが日記というひとつの役割を放棄しつつあるのですがすみません。
ご来訪ありがとうございます。

本編はこちら。
http://ncode.syosetu.com/n3552bw/




「うううううん」
 低い、低いうなり声。その後に、寝台がばったばったと音を立てた。子どもの行為、と無視していた貴族令嬢が、とうとう青筋を立てる。
「ミーナ。お行儀が悪いです。つつしみなさいませ」
 私はともかく、リリスもいるのよ。メリエル・ラグフォードがそう続ければ、ミーナ・コラソンは、うつ伏せで枕を抱いたまま、ばたつかせていた足を止めた。それから、がばりと起きあがる。そして、やはりまた、枕を抱きしめた。
「だ、だって! 落ちつかない! 晴香たちも美雪も、遅くない!?」
「確かに、遅いですね」
 時計を見ながら呟いたのは、リリスだ。ミーナは顔をぱあっと輝かせて、「でしょうっ!?」と言う。メリエルが、重いため息をついた。
「ああもう。ねえ、追いかければよかったかなあ」
 この少女は、友達が心配でしかたがないのだ。わかっていても、年上の二人は、彼女を思う通りにしてやることはできない。リリスは苦笑して眉を下げ、メリエルはいつものつんと澄ました表情で、彼女の方へ身を乗り出した。
「『あのお二人』が、何も言わずに出ていかれたのです。美雪様も、思い当たる節がおありのようでしたが、詳細は説明なさらなかった。それはつまり、私たちに伝えてはならない場所へ行く、ということなのでしょう。むりに尾行などするものではありませんわ。最悪、国どうしの問題に発展してしまいます」
『あの二人』とはもちろん、ラッセルとノエルだ。ミーナもまた、ピエトロ宮廷勤めの二人に思い当ったのだろう。うっ、と声を詰まらせる。
「そう、だよね」
 細い指が、枕をきゅっと抱きしめた。金色の瞳が、理解と疑念のはざまで揺れる。メリエルは、それまで厳しくしていた目もとを緩め、年下の守護天使に、そっと語りかけた。
「大丈夫。彼らを信じましょう」
 ミーナはしばらく唇をかんでいた。それから、ゆっくりうなずいた。
 メリエルが息を吐く。そしてリリスはほほ笑んで――おもむろに、寝台から下りた。音で気づいた『慈悲姫』が、たおやかに振り返る。
「どうなさいましたの?」
「ちょっと、お散歩に出てこようかと思って。待つしかないなら、できることで、気をまぎらわせたいでしょう」
 リリスは、ふんわりほほ笑んで言う。二人の守護天使は、いったん顔を見合わせた。けれどすぐに「それもそうね」「行ってらっしゃい」と、それぞれの言葉を投げかけた。

 光貴たちが出ていったのは、朝方だった。が、今はもう陽がだいぶのぼっている。人々の動きもさかんになっていて、雑多な宿場町ならではの、独特な音と芳香が、漂ってきている。威勢のいい呼びこみの声に耳を傾けつつ、リリスは青空を見上げた。
 光貴も、晴香も、ラッセルも、ノエルも。誰も、何も言わなかった。ふだんではあり得ないことだと、彼らを知る者は言った。だからこそ、リリスには、彼らの行き先がわかっていた。
「……『聖墓所』」
 いつかのように、繰り返す。誰にも聞かれぬ呟きは、ひそやかな夜の闇に似て。そしてそれは、リリス自身を表すものだ。
「始まってしまった。継承だけでなく、すべてが」
――それを知る者は、少なくともこの町にはいない。先代『神聖王』の妻であったという女性も、光には気づいても影には気づかない。
 だが、彼女はもともと影にいた人間だ。嗅ぎつけるのも、時間の問題だろう。それはそれで、構わない。それよりも、リリスは次代の『神聖王』が気がかりでならなかった。
『継承の儀』だけは、いくら彼女でも干渉できない。あれは、定められた『天使』だけの時間だ。始まってしまったからには、成否は継承者にかかっている。
 リリスは静かに瞼を閉じる。強くまぶしく、どこか儚い少年の後ろ姿が、浮かんだ。
「光貴様」
 呼ぶ声は、蜜のように甘い。その意味を、当人が知るのはまだ先だ。
 だから今は、ただ、見えない彼に、祈りを捧ぐ。
「――どうか、打ち勝ってください」
スポンサーサイト

KOLおつまみ更新13

2017.09.09 17:40|小説・詩
七海です。
今週は姉の帰省にともなっていろいろあったので、めちゃくちゃ忙しかったです。軽く風邪引くし。
焼き肉はうまかった。

振袖の写真撮ってきました。成人式に出るかどうかわからないしね。
昨年振袖を着なかった姉と一緒に。そして母も一緒に。家族写真も数枚撮りましたよー。
ところで、振袖ってすごく締めますね。重くて腰がやばかった(語彙力死滅)
なかなかかわいかったのですが、着物はもうあんまり着たくないなあ……と思いました。

で、おつまみ更新再開です。相変わらずしんりのとび――ごほん、白い空間で奮闘する光貴くん。
そういえばハガレンの原画展があるらしいですね。

絶対行く。何を犠牲にしてもだ。死んでも譲らん。

……さて、気を取り直して。
本編はこちら
http://ncode.syosetu.com/n3552bw/




「えっ?」
 たった一人を支えていた感触が消え去ると、少年の体はふわりと浮いたあと、勢いよく落下しはじめた。落ちている、とわかるのは、下に強くひっぱられているからで、まわりの景色はまったく変わらない。
 光貴はばたつくこともせず、ただ流れに身を任せていた。驚きすぎて、そうすることしかできずにいたのだ。しだいに、耳の奥がずきずきと嫌な痛みを訴えてくる。その頃になって、やっと、恐怖が全身を駆け抜けた。
 これからどうなるのか。どこへ行くのか。どこにもいかずこのまま死ぬのか。間近の未来は、いつになく暗かった。
 どれだけ経っても衝撃が来ない。底のない空間をえんえんと落ちてゆく。光貴は、瞼が重くなっていることに気がついた。意識がもうろうとしだして、考えごとをする余裕すら、なくなってくる。怖くもなくなるのだから、かえってよかったのかもしれないが。
 たちまち強くなる眠気にうっとりと目を閉じかけたとき、また、あの高音が耳によぎった。二度ほど音が響いたあと、光貴の中に異変が起きる。
――大量の、音が、声が、風景が。砂嵐のように、頭の中へと流れこんできたのだ。どれが何を現しているものなのか確かめる余裕もない。ほんのわずかよぎった映像は、そのほかの映像の歓声に押し流されてゆく。場面はめまぐるしく移り変わり、情報の奔流は、人の頭を容赦なく締めつけた。
 異様な叫び声が空間の中に響く。光貴は自身の絶叫を聞くことすらできなかった。頭の中がうるさくて、それどころではなかった。頭を抱え、かきむしり、歯を食いしばって痛みに耐える。耐えきれなくなるたびに、聞こえない声が喉をひっかいた。
 流れこむ情報に頭をかき乱される。そんな時間が、どれほど続いたのか、わからない。光貴が意識を手放しそうになったそのとき、背中に鈍い衝撃が走った。同時に、情報の波もふっつりと途切れる。かわりに、目の前で火花が散った。
「っ、がっ……!」
 つぶれた声が出ると同時、軽く舌を噛んだ。光貴はしばらくうずくまってから、ゆっくりと体を起こす。視界はぐらぐらと揺れていて、頭には突き刺すような痛みがあった。
「なんっ、なんだよ……いったい……」
 声を出すだけでも、全身が悲鳴を上げる。光貴はそのまま眠りたいのをぐっとこらえて、なんとか見えない地面に両手をついた。まずは、状況を確かめなければならない。そう思ったとき――耳慣れない音を聞き取り、体が勝手にかたまった。
 低い音。しばらく高音ばかり聞いていた光貴は首をひねったが、やがて、聞こえてきたものからひとつのものを思い起こした。
 頭を丸め、毛を逆立てて威嚇する、犬の姿だ。
「うなり、声?」
 そうっと呟いた光貴は、ぎこちなく首を巡らせる。次の瞬間、か細い悲鳴をのみこんだ。
――彼が見た先には、巨大な、白い獣が立っていたのだ。

KOLおつまみ更新12

2017.09.02 17:46|小説・詩
本編はこちら
http://ncode.syosetu.com/n3552bw/




「い、意味がわからない……」
 光貴は愕然として呟く。しかし呟いたところで何が変わるわけもなく、列をなす球体は浮きっぱなしで動かない。見ているだけで頭の痛くなってくるような、奇妙なことこの上ない光景だ。どうしよう、と悩んだ光貴は、球体の列に沿って、歩いてみることにする。一歩、二歩、三歩。そのままに進みつづけて、小さな球体の隣まで来たとき、彼はすばやく頭を押さえた。
 きん、と、頭の中で鳴り響く。なぜか、ひどく懐かしい音。それはまた、拍子を刻みはじめた。『聖墓所』のなかで、石碑を前にしたあのときのように。
 音に合わせて指が伸びる。小さな球体に向かって、手をのばす。これはだめだ、危ない、と思った。けれども、得体の知れない衝動は、恐怖をまとった理性に負けた。指の腹が玉に触れる。表面はなぜだか、硝子のようにかたくてなめらかだ。その不思議を考える前に、より高い音が、頭の中で鳴り響く。
 光貴がきつく目を閉じたとき、またしても、声がした。
『なんで私なのかしら。魔法なんて、いらないのに』
 ふてくされたような若い女性の声は、驚くほどすんなりと、光貴の中に入ってくる。声が消えたあと、光貴はそっと目を開けた。広がるのは、ただ白い空間。目の前の球体はいつの間にかなくなっていたが、列をなす球じたいは、まだ無数に存在しているように思えた。そして、耳の奥では、また、きん、きん、と鉄を打つような高音が鳴っている。光貴はうんざりしてかぶりを振った。
「ひょっとしてこれ、全部触らないといけないのか……?」
 何がなんだかわからない。それは今でも変わらないが、何かとても大きなことが起きていて、自分がそれに巻きこまれているのだとは理解できる。光貴は深くため息をつくと、数歩を刻んで、すぐ横の小さな球に、また手をのばした。
 光貴の予想したとおり、球体を触るたびに謎の声がして、その声がやむと、球体は音もなく消えうせた。そして、また、次の球体に触れるのだ。そんなことを、えんえんと続けている。時計がないどころか、まわりの風景さえまったく変わらないので、どのくらいの時間そうしていたかわからない。
 気が狂いそうな作業の中、狂わないために分析することを覚えた。光貴は、またひとつの声が消え、痛む頭を押さえる。響いてくる声の中には、いくつかに共通している言葉があった。『魔法』『継承』『力』――そして、『神聖王』『神聖姫』に、『天使』。
 光貴ははたと、歩みを止める。
「これ、ひょっとして……昔の、守護天使たちの、声?」
――それも、『神聖』の名を持つ守護天使たちの、だ。気づいた光貴は、立ちすくむ。忘れていた寒気が、足もとから脳天へはいあがってきた気がした。
 彼がもともといたのは、『聖墓所』、つまりは『神聖王』たちの墓である。死した彼らの思念に触れられたとしても何もおかしくはない、のかもしれない。それにしたって奇妙すぎるだろうと、光貴は心の中で悪態をついた。
 しかし、文句を言っていてもどうしようもない。気分の悪さを噛み殺して作業を続けた。ふと我に返ると、彼は最後のひとつの球体の前に立っていた。薄い青をまとわせる球を前に、光貴はごくりと唾をのむ。
 迷いで体が凍りつく。のばした指はどうしようもなく震える。
 この歩みを終えた先に、何があるのか。自分がどこへ行って、どうなるのか。何もわからない。怖い。戻りたい。
 それでも。
「戻りたいなら、やるしかないだろ……!」
 あえて、押し殺した声で自分を叱咤して。光貴は青い球体に、手を触れた。確かめるように、掌をくっつける。その瞬間、今までにない音が頭の中を支配した。硝子を針でひっかいたような高音に、何もわからなくなりそうになる。
 喉の奥から音が漏れたとき、おぼえがないのに懐かしい声が、そっとささやいた。
『やりたくない。行きたくない。ふつうに暮らしたかったよ。けど――俺しかできないんなら、俺がやるだけだ』
 その言葉の意味を、考えそうになって。けれど、その前に、足の下の感覚が、なくなった。

KOLおつまみ更新11

2017.09.01 21:39|小説・詩
こんばんは、七海です。気が付いたら9月になっていました。あれー?
最近、やっと漫画に手がつけられるようになってきました。とりあえず、五周年記念といいつつ六周年過ぎてもなお放置されているオムニバス漫画から描いています。ギルドのごちゃごちゃ感が懐かし楽しい。

それと並行して、ぼく冒と、そしてKOLもぼちぼち進めていきます。あと『風語り』も。こちらは現在、九話のストック溜めに入っています。
KOLの第五章が済んだら『ラフィアの翼』の続きにとりかかろうと思っているので、頑張ります。
というわけでおつまみ更新。
本編はこちらです。
http://ncode.syosetu.com/n3552bw/



 光貴はゆるりと、重い瞼をこじ開けた。とたん、白い光が四方八方からさしこんでくる。きつく目を閉じ、まばたきを繰り返す。朝の寝起きに似た倦怠感を引きずりながら起きあがった彼は――そのまま、凍りついた。
 目の前が、ただひたすらにまっしろだった。終わりなど見えない。後ろを見ても、白しかない。手をかざしてみても、自分の肌色がいつもより薄く見えるだけだ。そろり、と足を動かしてみたとき、足もとまでもがどこまでも白いことに気がついて、さすがにぎょっとした。
「う、うわあああ!? なんだこれ、なんだこれ!」
 叫んで飛び退ってみたものの、何も起きない。彼はぶざまによろめいてから、膝に手をついた。
 足の下に『地面』はない。だが、不思議と底なし沼へ落ちてゆくようなことはなく、靴底からは王城の廊下を思い起こさせるかたさが伝わってきた。何がなんなのか、まったくわからない。ここはどこなのか。そもそも、晴香やラッセルやノエルはどこに行ったのか。
「いや……あいつらがどっかに行ったというよりも、俺がどっかに飛ばされたのかな?」
 首をかしげる。思ったことを言葉にして、はじめて目ざめる前のことを思い出した。聖墓所の中で妙な音を聞き、石碑に触れていたらいきなり目の前がまっしろになったのだ。そして気づけば、あのときの光とまったく同じ、果てのない純白の中にいる。
「なんなんだろう、これ。俺、出られるのかな?」
 形を持たない不安は確かにそこにある。光貴は胸がうずくのを感じて、顔をしかめた。
 目を閉じる。音のない逡巡のあと、大きく息を吸うと、はずみをつけて体を起こした。
 不安は不安だ。けれど、いつまでも立ち止まっていては、何も始まらない。ひとまず出口を探そう、と、光貴は歩き出した。
――あたりは本当に、ひたすらに白かった。小石のひとつも落ちていない。そもそもここは、本当に存在する場所で、自分は本当に、今までいた世界の中にいるのだろうか。首をひねる。靴を高らかに鳴らし、独り言をぽつぽつと道にこぼしながら、なんとか少年は歩き続けていた。
 気が狂いそうな無の時間は、唐突に終わりを告げる。光貴は、ふと目をすがめた。遠くに、何か丸い物が浮いてるように見える。水の泡にも似たそれは、この場にあってなお、「現実離れしている」ような感覚を抱かせる。それでも、光貴にとっては間違いなく、希望だ。彼はぱあっと顔を輝かせ、浮かんでいる球体に近寄る。
 光貴の顔くらいもある玉は、やはり水泡によく似ていた。丸のなかで、虹色が揺らぎながら泳いでいる。ふつうの水泡と違うのは、わずかに青みがかかっていることだろうか。光貴は、しばらく黙ってそれを凝視していたが、やがて腕を持ちあげた。
「とりあえず、今のところ、手がかりはこれしかない……よな?」
 噛みしめるように。確かめるように呟いて、指先を球体の表面にすべらせる。
 耳の奥で、音が弾けた。

『――ずいぶんと、手間のかかるつくりにしたものだな』
『“神聖王”などと、呼ばれるようになるくらいには、我らは強い力を持っているということだ。力を持つ者には責任が生じ、覚悟を求められる。違うか?』

「――え?」
 光貴は、目をみはった。あたりを見回してみるが、もちろん彼以外に人などいない。先程の音の残響すら、彼の中には残っていなかった。
 今のはなんだと、深く考えそうになる。けれど、ひどく非現実的な現実は、そのひまさえ与えてくれなかった。
 異変は、終わっていなかったのである。
 目の前にふよふよと浮かんでいる球体が、突然、小刻みに震えはじめる。光貴の手が触れている部分から、ぐわんぐわんと揺らいで、波紋が全体に広がると、ぱんっ、と弾けた。
「うわっ!?」
 光貴はとっさに、両手で顔を覆う。その間にも、球体だった飛沫はそこかしこに飛び散った。
 激しい水音のあと、また、もとのように何も聞こえなくなる。もういいかな、と覆いを外した光貴は、そのまま言葉を失って立ち尽くすはめになった。
 飛び散った球体の欠片が、いつのまにか無数の小さな球体となっている。それらはふよふよと宙に浮いて、道をつくるかのように、一列に並んでいた。

KOLおつまみ更新10

2017.07.15 16:19|小説・詩
七海です。

暑いですね。
この時期、ふつうならエアコンがなくてもまだ耐えられるんですが、今年はもう無理っぽいです。昨日(今日?)なんか、暑すぎて夜中に目が覚めました。(冷房を切タイマーにしてつけていたのに!)
時計見たら1時20分とかなにそれ。
カクヨムのフォロー作品が更新(しかも本編完結)されていたので、それを読んでから二度寝しました。

さて、おつまみ更新はここから最新・第四話に入ります。相変わらずの亀速度と予想されますがよろしくお願いしますー。

本編はこちら
http://ncode.syosetu.com/n3552bw/



『聖墓所』が光に包まれたと思ったら、光貴が姿を消していた。短くまとめればその一言で済むのだが、言葉の単純さとは裏腹に、人々の心は混乱していた。兄の不在を確かめた晴香は、目を白黒させる。跳ねるようにして再び祭壇にのぼったものの、彼の足跡ひとつ残されてはいなかった。――ほんのかすか、魔力の残りかすが感じ取れるだけだ。
「何、これ。なにが、どうなって」
 晴香は、その場に膝をつく。無意識のうちににぎった拳が、震えた。混沌が、黒い霧のような不安と恐怖へ、形を変える。
 また、いなくなってしまった。せっかく、二年半越しに出会えたのに。また、手が届かなかった。
 ひたすらに震える晴香へ声をかけてくるものはなかった。ラッセルやノエルも、状況を把握しようとあたりを確かめてはいるが、時折、少女を気遣わしげに見ている。だが、当人はそれに気がついていなかった。何を考えていたわけでもなく、ただ、立つために立ち上がる。
 甲高い足音が『聖墓所』へ駆けこんできたのは、そんなときだった。
「遅かった……!」
 うめき声とも小さな悲鳴ともつかない声が、洞穴に響いた。晴香は息をのんで、振り返る。驚いていたのはラッセルやノエルも同じだった。呆然とする彼らは、同じ一点――『聖墓所』の入口に立つ、北原美雪を見つめていた。逆光のせいで顔はうかがえないが、激しく上下している肩や、荒い息遣いから、そうとう急いでここへ来たのだろうということが、うかがえる。
「み、美雪様?」
「光貴はどこ行った!?」
 ノエルの呼びかけをかき消す勢いで、美雪が尋ねた。三人は当惑した顔を見合わせる。結局、間近にいた晴香が、口を開いた。
「え、えっと、いきなりいなくなっちゃったんだ。……そこの石碑を見てたら、いきなりあたりが白く光って……それで」
 晴香がおたおたして答えると、ゆっくり踏み込んできた美雪は、右手で顔を覆った。「ああ、やっぱり」と彼女が嘆いたものだから、三人とも身を乗り出した。
「な、何か知ってるの!?」
「ああ、うん。まあね。本当は、ラッセル坊ちゃんには話しちゃいけないことだけど、しかたない」
 美雪はそう言うと、闇の中でもわかるほど鋭い目で、石碑をにらみつけた。
「――『継承の儀』が始まるのよ。光貴は、そのための空間に飛ばされた」
 母の声も、言葉も、ひどくぼやけて非現実的だ。晴香は、そう思った。ノエルとラッセルは、ぼんやりしている晴香をよそに、口をあんぐり開けている。
「え、継承の儀って、こんな始まり方をするものなのか」
「しないよ、本当ならね。でも、継承の儀を始めるための条件は、準備の整った次の『神聖王』が、導きに従ってその石碑に触れることだと、ジェラルドが言ってた」
 それを聴き、ノエルがうなだれた。『聖墓所』に行こうと言ったのは彼なので、責任を感じているのだろう。美雪は彼を見て、肩をすくめる。
「継承前の『神聖王』は王都から出ないのが普通だから、知らなくてもしかたがないわ。けど……これはちょっとまずい」
「まずいって、やっぱりその、正式な手順を踏まずに来ちゃったこと?」
 腕を組む母に、晴香がおそるおそる問いかけた。美雪は軽く、首を振る。
「半分あたり、半分外れかな。
継承の儀っていうのは確かに、いろいろ手続きをしたあと、国王や神官、時には他の守護天使の同席のもとで行われるものなの。けど、それはまあ形式だから、最悪王も神官もいない状態でやっても大丈夫。ジェラルドがちょうど、そうだったみたいだし。それよりも、もっとずっと問題なのが――光貴が、儀式にのぞむ心構えができる前に飛ばされてしまったことよ」
 美雪の言葉に、空気がはりつめる。その先は、晴香でも、聞かなくても想像がついた。けれど先代の妻は、無情にも先を言葉にした。
「私も詳しくは知らないんだけど、継承の儀って、危ないらしいの。心構えができていない者が儀式にのぞむと、失敗する確率が高いって。――最悪の場合、死んで戻れなくなるらしいわ」
| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ

新しい欠片

月別の欠片

最新コメント

プロフィール

蒼井七海

Author:蒼井七海
なんか周りにオタクといわれてしまう社会人見習い。
少年漫画、ファンタジー、ネコが大好き。中学生の頃から息(だけ)長く創作サイトの運営やらなんやらしながら、漫画家を目指しています。
どうぞよろしく。

お客様

繋がる欠片

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ