七月最後の日

2015.07.31 14:40|日常
 こんにちは、七海です。
 今日で七月も終わりですね。もう、国語の読書感想シートの宿題、ライトノベルで書いちゃっていいかな、と自分を納得させています。
 どうせこれから眼科行ったら、今日はもうパソコンもスマホもいじられないので、内職と漫画のついでにそんなことも終わらせようかと思います。覆面算にも挑戦!! 再挑戦!!

 ところで今日は朝から原稿やってて、「これは、今日5ページくらいいけるかな?」とか調子に乗っていたんですが、

 インクぼた落ち
 ↓
 ちょっと拭おうとして被害拡大
 ↓
 原稿描き直し

 という悲劇に見舞われました。なんてことしてくれるんだい!
 そんな感じで今日も元気です。

 いつも、ご来訪や拍手ありがとうございます。
 続きからまたグラブル話です。

続きを読む >>

スポンサーサイト

恐ろしきかな小論文

2015.07.27 15:55|日常
 こんにちは、七海です。
 やはり私は、ペン入れに入ると漫画作業が致命的に遅くなる人間のようです。どうしよう……いっそのこと原稿用紙とペン持って何もない部屋に籠るか……(それどこ)
 そんな感じでもそもそと作業中。

 学校の宿題はほぼ終わっています。放置している覆面算どうしようとかは、とりあえず3日あたりまで考えないようにしておきます。
 問題は、残った国語の宿題なんですが。二つあるんですが。そのうちのひとつが小論。小論!
 突っ込みどころ満載のテーマです。何をどう書いたものやら、と頭を悩ませている最中であります。できれば七月が終わるまでに書き上げたいけど、無理かな。お盆までかな。

 ご来訪ありがとうございます。
 続きから、なぜかグラブルについて語っております。

続きを読む >>

ほぼ一ヶ月ぶりの更新

2015.07.24 19:11|更新情報
 こんばんは、七海です。

 今日は面談がありました。ファミレスで。何これ何この状況と思いながらビーズを貰って帰りました。
 これで学園祭の準備が続けられる。

 そして、予告通り『風語り』の第三話、全てのページを更新しました。
 ところで、AZUREについてもこの作品についても、先のタイトルを作品ページで公開しています。AZUREは数話先、風は一話先まで。実はこれ、前者の方は今のところこんな予定です、という、いわゆる(仮)なタイトルですが、後者は今のタイトルで確定なのです。
 そんなことができるのは、更新分をデータ化した時点で、執筆しているのが二話先だとかそういう状態が常だからだと思います。結構、自分が楽しいシステムです。
 次回、やっと幻獣種族について語れます。ちょいちょい伏線も出てきます。そしてようやく、レギュラーメンバーがほぼ出そろいます。ほぼ。

……と語ってみたものの、『風語り』の読者ってどのくらいいらっしゃるのかしら?

 ご来訪、ありがとうございます。
 暑いです。明日も暑そうです。

小説進捗

2015.07.23 22:19|創作話
 こんばんは、七海です。
 グラブルのマグロ漁が終わってしまいました。また来年に会おうではないか……巨大マグロ、アルバコアよ!
 ところで周りに流されて、ついでに見た目がマジモンだったのでマグロと呼んでいたアルバコアですが、実際にマグロの一種にそういう名前をもつやつがいるんですね。あとは潜水艦の名前。ふむふむ。

 今日はわりとゆるりと小説執筆。『風語り』第三話データ化終わりました。明日、これをさらにhtmlにして更新、できたら嬉しいな。KOLもゆるりと書いています。妹が、妹が活躍しているよ!
 ラフィアも進めたいんですが……重すぎる話のせいか、筆がなかなか進みません。季節逆転しちまったんですが。このブログでちまちまと公開していますが、速度はいまいち。せめて季節が一周する前に次の話の準備にとりかかりたいですな。

 ご来訪、ありがとうございます。
 明日は、保護者面談だったはずが三者面談になってしまったものがあります。でも決して、進路が危機的状況だってわけじゃありませんよ。決して!

本日もお暑うございます。

2015.07.21 16:20|日常
 こんばんは、七海です。
 道後温泉から帰還しました。昨日は四国のあちこちを連れ回されて、途中死んだ魚のようになっていました。つかれた。あと、スクショむだに大きくてすみませんでした。
 今日も淡々とノルマをこなしました。少なくともフェスティバルの準備が三分の二終わるまでは、予定外の外出はしないって決めてるんだ。

 それにしても、暑いです。今年もいよいよ暑くなりました。台風さんが過ぎて太陽さんはむちゃくちゃ元気です。
 別にいいんですけれども、せっかく買ったお土産をウッカリ腐らせてしまっていないか心配です。(朝からついさっきまで、エアコンなしの部屋に放置していた筆者の不注意)
 中身を確認するわけには……うーむ。しかし本当に腐っていたら困るから、すこしのぞいてみます。あとで。

 さて。残り時間少なくなってきた今日、漫画に精を出します。
 グラブルは、テイルズコラボのSSR武器およびソフィさんをお迎えしたので満足です。しばらく休みます。マグロ漁は、来年に賭けます。
 ご来訪、ありがとうございます。

車の中

2015.07.19 18:32|日常
こんばんは、七海です。
現在、道後温泉にむかっているところです。
まんがかきたいなー。
とは思うものの、夏休み中の貴重な完全休暇なので、のんびりします。

本日のネタ
20150719184201ea8.png
ヴァシュロン討伐中なグラブル。
マグロ漁そっちのけでがんばっています。
SSR! 目指せ!

ご来訪ありがとうございます。

臨時休校

2015.07.17 08:15|日常
 おはようございます、七海です。一週間以上沈んでいましたが、どうにか浮き上がってきました。

 さて、本日は台風の影響で臨時休校です。そして、窓の外ががたがたごーごーとうるさいです。おかげで今日は寝不足。生活リズムも何もない。
 本来であれば今日は終業式の予定だったのですが、お休みになっちまったので、いまいちしまりのないまま夏休みに突入しました。正直、え……何これ……と思っています。

 高校生活最後の夏休み(進路が未定なので、学生最後の、ではないということにしておく)なのですが、web漫画に割ける時間が一週間分もないかもしれません。そもそもそんな時間があるのかどうか、はなはだ疑問であります。今年は、旅行中と都会に行くときとお盆だけ、「夏休み」と思うことにします。
 宿題はまったく問題ないとして、学園祭の準備と公募漫画の制作(無限ループ)と現場実習があるものですから。

 しかし、まあ、私の誕生日がこれらの予定に食い殺される心配はなさそうなので、それでよしとしましょう。

 ご来訪、ありがとうございます。
 落書きとグラブルが日々のオアシスです。

おつまみ更新:ラフィアの翼4

2015.07.12 14:45|小説・詩
「ははは。寒いか?」
「うん……」
 陽気に笑いながら訊いてくるディオルグに対し、レクシオは素直にうなずいた。すると、彼は腰にさげている袋をまさぐると、何かを取り出す。
「んじゃ、これ食べろよ」
 そう言って彼が差し出したのは、一粒の丸薬だった。いかにも辛そうな赤色に、レクシオの顔が険しくなる。するとディオルグはまた笑って、空いた方の手で、もう一粒の丸薬を自分の口に放り込んだ。がりん、と豪快にかみ砕く。
「確かに辛いが、そのぶん体はあったまるぞー。ほら、良薬は口に苦しってな」
 そう言われると何故か反論できない気分になる。レクシオは仕方なく丸薬を受け取り、むっとそれを睨むと、やがて口の中に放りこんだ。がりがりと夢中でかみ砕く。するとすぐに、強烈な辛さが口いっぱいに広がった。少年の目に涙がにじむ。
「か、からい……」
 半泣きになりながらそう言った彼を見て、ディオルグはまた笑った。
 それからしばらく、二人は無言で歩いた。辛い丸薬のおかげで内側からほてってきた体を抱きながら、レクシオは地面を見下ろす。
『俺は――俺たちは、そろそろこの家を出るべきではないかと思う』
 父の言葉が頭の中にこだまする。
 言葉を受けれられないのはなぜなのか。自分が子供だからなのか。レクシオはあれからずっと、それを考え続けている。だが、答えは出ない。何度も同じ疑問が巡り続けているだけだ。
 レクシオはふと顔を上げ、ディオルグを見る。彼の横顔は相変わらず穏やかだ。だがなぜだろう――どこか思いつめているようにも、レクシオには見えた。
「ねえ――おじさん」
 ふと、声をかける。かけてから驚いた。知らない内に、口から言葉が滑り出ていたからだ。ディオルグの瞳が彼の方に向く。
「どうした、レクシオ」
「う、うん。あのね……」
 自分の言葉に自分で戸惑った少年はしかし、言葉を続ける。
「父さんと話をしたんだ。そろそろ、おじさんのところから出ていかないかって」
 胸に、締め付けられるような痛みがあった。緊張しているせいなのか、頭が上手く働かない。レクシオはそろりと、ディオルグを見上げた。彼はとても優しい、そして悲しそうな目で、少年を見下ろしている。
「そうか」
「うん」
「じゃあ、その前に片をつけてしまわないといけないわけだ」
「……え?」
 思いもよらぬ返答にレクシオは目を丸くする。何を言われたのか、さっぱりわからない。驚いたまま見返したが、ディオルグの表情は真剣なまま動かない。名前の分からぬ不安に駆られた少年は、男の方へ身を乗り出した。
「ねえ。かたをつけるって、何、を」
 だが、彼の言葉は最後まで続かない。急に世界がくらりと傾き、意識に靄がかかった。
 レクシオの小さな体は、そのまま白雪の上に倒れ込む。疑問と不安を宿した目は、とろんと暗くまどろんでいる。その顔を、騎士の男が見下ろした。
「ごめんな、レク」
 やはり意味が分からない。
 朦朧としている意識の中で、確かに混乱している少年は直後、ディオルグが剣を抜く姿を見た。

2クールめ

2015.07.05 17:59|アニメとマンガのおはなし
 こんばんは、七海です。
 今日は原稿に集中しておりました。作業中、思いのほか快感でした。

 テスト勉強もしました、少ししました。次の教科はあまり力を入れない部分だったので。

 さて、今週も『アルスラーン戦記』の話題です。
 といっても今回はものすごく総集編で、リアルタイムかGYAO!かであさっていた私にとっては、余り面白みのない内容でしたが。
 ただ注目すべき点は主題歌! 変わりましたね! 歴史秘話ヒストリアでおなじみのKalafina! 待ってました。
 タイミングの問題か今回の編集の問題かオープニングはまだみられていません。が、一週間楽しみが延びただけ、と思い、待っていようと思います。
 次週はラジェンドラさんが本格的に出てこられるようですね。
 おそらく小説本文を抜き出していると思われる次回予告を聞きながら、やっぱりラジェンドラにしては爽やかだなあ、と思いながら画面を観ていました。

 さあ、期末テスト後半戦も頑張ります。
 そして明日は、最近嫌になってきている体育もあるので、おもに精神的な意味で頑張ります。
 ご来訪、ありがとうございます。

今年も学期末

2015.07.04 17:18|日常
 こんばんは、七海です。気がつけば夕方。時間が過ぎるのって早い。

 今週の木金は期末テスト前半戦でございました。正直、この土日を間にはさむ形、やめてほしい。ちなみに出来栄えは今のところまあまあです。
 もう七月ですか。

 そして迷走必至の学園祭ですが、なんとクラス出し物、大きなものを二つもやることになってしまいました。冷静になって考えてみると、賛成した自分はなんてバカなやつなんだと思います。今年は迷走通り越して地獄かもしれません。準備も本番も。
 ぶっちゃけ今年は裁縫とかしたくない。お洋服の繕いでお腹いっぱい。
 なので本年の夏は、毎日ビーズを弄る夏になるかもしれません。細かい作業苦手なのに、あえてやろうとする無謀さ。

 そんな中ですが、創作物ももっそりと進めています。『なろう』さんにて久々更新。KOL第三章第四話の前半です。こういう典型的な悪いお爺さんを久々に書いたかもしれません。

 ご来訪、ありがとうございます。
 グラブルのイベントについては、もはや何も語るまい……。意外と泣けたけど。
| 2015.07 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ

新しい欠片

月別の欠片

最新コメント

プロフィール

蒼井七海

Author:蒼井七海
なんか周りにオタクといわれてしまう社会人見習い。
少年漫画、ファンタジー、ネコが大好き。中学生の頃から息(だけ)長く創作サイトの運営やらなんやらしながら、漫画家を目指しています。
どうぞよろしく。

お客様

繋がる欠片

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ