折り返し地点

2016.10.30 22:41|更新情報
 こんばんは、七海です。最近睡眠時間を削って頑張ることが多いです。うおおおお!

『風語り』第五話の4更新しました。これにて第五話は終了です。予想以上に文章量が多くて、ひぃひぃいいながら打ちこんでおりました。
これで隠れ里編が終了、物語はいよいよ折り返し地点です。ジルテアさんたち幻獣種族にはしばらくお休みしてもらいます。
次回は番外的なお話です。番外といえど非常に重要な話なので、あえて本編の一部に組み込ませてもらいました。他の話と違ってストックがないので、更新までに少しお時間をいただきます。ご了承ください。

AZUREの方は近く更新したいです。したいです。

ご来訪ありがとうございます。眠いけどもう少し頑張ります。
スポンサーサイト

身を削る気でいこう

2016.10.23 21:14|更新情報
 こんばんは、七海です。
 今日は事業所で開かれたお祭りに行ってきました。そしてえらく消耗して帰ってきました。最後の方では消耗しすぎてちょっと頑固な性格が顔を出してしまいました。いやーはずかしい。
 祭りやら会食やらのあとは、家のご飯が恋しくなりますね。お野菜とふるーつがほしいです。

 さて、そんな日でしたが『風語り』のつづきを更新しました。ぎりっぎり!
 今週はAZUREの更新をお休みさせていただきます。ごめんなさい。

 容赦のない戦闘もりもり展開が続きましたが、平日毎日数行書きためているので、他の小説のように頭が痛くなるほど悩むことはないです。書きための段階で「あれ? これ、どう続けようとしてたっけ……」となることはありますが。

 そして少しずつ『ラフィア』の方に絡む話も出てきました。
 神様についてはあちらでメインに取り扱っているので、『風』サイドで深く掘り下げることはありませんが、今回ジルテア様がぽろっとこぼした神と魔女の関係については触れる予定です。
 きっとどこかで繋がる……はず!

 明日は振り替え休日です。まんががんばる。
 ご来訪ありがとうございます。

忘れた頃にやってくる

2016.10.21 18:27|日常
時は10月21日、午後。
昼食を終え、少しばかりのまどろみと緊張感を同時に抱える時間帯に、それは起きた。

パソコンに向かいPhotoshopと戦っているさなか、突然鳴りだすサイレンのような音。
なんだなんだ、と見回す間もなく機械音声が響いてくる。

「地震です、地震です」

地震とな。
この辺りで、警報が鳴る程の地震とは珍しい……

と思っていたら、脳内を揺さぶられるような奇妙な揺れが。
おお! とビックリして一瞬固まった。
どんどん揺れは強くなる。その時私は思った。

え? え? 地震だ。本物だ。
本格的に揺れてる!!

出来の悪い脳みそがそんな思考をしている間に、身体の方は動いていた。
思いだすは学生時代に繰り返された避難訓練。
咄嗟に机の下に上半身を突っ込み、近くの脚をがっちりつかむ。下半身はともかく、とりあえずこれで頭は守れる。
そうして、揺れが過ぎるのを待った。

初めてだった、まともな地震。
そして事業所で取り乱したのもこれが初めてだった。



……道理で落ち着かないわけだ。
七海です、こんばんは。怪我もなく無事でございます。

鳥取県中部を震源とした今回の地震、あちこち揺れたようですが、皆様のところは大丈夫でしょうか。
私のところはそこそこの揺れがありましたが、物が降ってくることもなく、今のところは落ち着いています。
それにしてもここまで「揺れてる!」という地震を体感したのは生まれて初めてでした、私。さすがに肝が冷えました。

今後しばらくは、.警戒を怠らないようにします。
と言って、神経質になり過ぎてそわそわするのもどうか……という感じですが。

災害ってのは本当にいつ来るか分からないものだなあ、と、災害の少ない土地で改めて実感させられました。

ご来訪ありがとうございます。

デジタル中毒注意報

2016.10.16 17:53|更新情報
あ! きょうのらくがきまだしてなかった!

な七海です。こんばんは。

『AZURE』第4話を更新しました。画力うううう! ひどすぎて4ページ目だけトーン作業の直前に描き直しました。
解像度をうっかり低くしてしまったので画像が粗いかもしれません。ごめんなさい。

7ページ目の星がいっぱい散っているのは、デジタルのスクリーントーンに頼ってみました。私が持っているトーンの中に手ごろな柄物がなかったためですが……ペンタブ導入が効いたのか、ソフトの機能を使いこなせるようになってきたのか、楽だなあ、ああ楽だなあ、と感激してしまいました。
うっかり中毒になりそうなのをこらえながら、柄物以外を手作業でやっていく日々になりそうです。
デジタル応募のみのコンテストの作品とかなら、デジタル使おうかなと思っています。

だめだ……機械に頼れば頼る程、人間は大事な物を切り捨てて……失ってしまうんだ……!

と、自分に言い聞かせながら、明日からも漫画頑張ります。
ご来訪ありがとうございます。

第五話は続くよどこまでも

2016.10.15 15:54|更新情報
こんにちは、七海です。
いろんなところが頑固すぎて困ります。

さて。今月一回目のリハビリ、の前の隙間時間を利用して、『風語り』第五話の続きを更新しました。
まじない師さんたちの不気味さはなかなかに書いていて楽しいです。普段はもうちょっと人のいい敵さんが出てくることもあるのですが、まじない師さんたちに関してはただただ不気味なので、書き手もブレないです。

こ、このまま第五話終了まで週一投稿が続くと嬉しいな! と思っています。
ご来訪ありがとうございます。落書きも続けてますよ。

和風とか現代ものとか

2016.10.11 19:52|創作話
和風ファンタジー?

毎日絵を描くぜ! と奮起しては挫折している私の、新たな試み。毎日記事を書く……のは厳しいかもしれませんが。

こんばんは、七海です。
原稿やらなきゃいけないのに何やってんのか、と自己突っ込み中。
AZUREはモチベーション高めで仕上げ中。別所でフルカラー漫画も描きはじめたのですが、そのおかげで「カラーよりモノクロトーン原稿のが楽や!」と悟りました。なぜ私は今までスクリーントーンを毛嫌いしていたのだ……。

分かっている、単にカッターナイフで切ったり削ったりするのが苦手だからだ……それだけなんだ……。

さて、今日からちょっと落書きを始めてみようと思います。目標一日一枚。背景つきのも描きたいな。
最初の一枚はこんな感じです。昔考えてなぜかお蔵入りしてしまった読み切り漫画のキャラ。

実は私、現実世界を舞台にした話を書くのがとっても苦手です。恋愛とか学園とか。
読み切り漫画や短編小説ならまだいいけれども、連載ものは成功したためしがありません。
上の絵みたいな和風ファンタジーならひょっとして、と書いてみたことはありましたが、見事に挫折しました。過去「小説家になろう」で作品を見てくださっていた人の中には、挫折作品をちらっと見かけた方もいらっしゃるかもしれません。
自分でもよく分かりませんが、初めから終わりまで書ききれないのです。なぜだ。

いつまでもファンタジーに偏ってちゃダメだと思いつつ。でもやっぱり描けない。書けない。
謎です。
余裕ができたらリベンジで読み切り描いてみるかもしれません。

……ちなみに。村上春樹先生の「カンガルー日和」や吉本ばなな先生の「みどりのゆび」みたいな雰囲気の話なら書ける気がします。というか昔書いたような。
今になって書いてみたら、また違う感じの作品になるかも、とふと思いました。
ちなみにちなみに上記の二作品は高校の教科書に載っていました。懐かしい(え

そんな感じでジャンルの話。唐突に読み切り漫画がサイトに現れたら、生温かい目で見ていただき、ついでに辛口評価をいただけると嬉しいです。
ご来訪ありがとうございます。

やっと始めた

2016.10.10 16:07|更新情報
こんにちは、七海です。
体育の日らしいことをする予定はなかったのですが、テレビで出雲駅伝の中継が流れてたので見入ってしまいました。普段スポーツは興味ないしあまり見ないんですが、こういうイベントものはつい見ちゃいますね。甲子園に地元の学校が出たときもそうでした。

まあ、あのときは……「あんたらこんな機会もう二度とねえぜこんちくしょー」みたいな気分だったのですが。

さて、それはさて置き本題。
昨日のうちに『AZURE』4話を、そしてついさっき『風語り』五話-1を更新しました。やっとか貴様ああああ! と誰かに怒られそうな気がして冷や冷やしています。
AZUREはようやくスタートライン。風は間もなく中間地点、というところです。ここからきっと『風語り』の方はテンション上がりめになると思います。若干、ですが。

あとついでに、AZUREページの情報追加・修正をしておきました。その中で第5話のタイトルとあらすじを変更。思いのほかシリアスな感じになりそうなので、タイトルも真面目っぽくしてみました。戦闘シーンもりもりが今から怖いです。

3連休もボチボチ終わり、明日から平常運転。みんなで頑張りましょう。
ご来訪ありがとうございます。

ひさしぶりにグラブった

2016.10.09 19:23|日常
こんばんは、七海です。昨日は私のお通じを巡ってひと騒動あって大変でした。
進むはずのものが進まなかった原因の一つは間違いなくこれよ……。

ところで、ここ数日でタイトル通り久しぶりにグラブりました。いや、一応毎日ログインボーナスだけはちゃっかり頂いているんですけれどもね。
ゲーム絡み+長くなりそうなので続きに畳んでおきます。

ご来訪ありがとうございます。
体育の日?明日? 家の周り交通規制だらけだろうから家で大人しくしてます。

続きを読む >>

昔の原稿が出てきたよ

2016.10.02 16:04|創作話
こんにちは、七海です。10月ですね。神様の会談が始まる日も近いのかな?

AZURE第4話ガシガシ作業中です。スクリーントーンを貼るのは、やはり他の作業と比べても体力を使います。
ペンタブを導入したおかげで湧きおこっている、デジタル使いたい衝動をぐっとこらえてカッターナイフを握ります。機械に頼ると人間としての機能が鈍る気がするので、使わずに済むうちは使わず行こうと思います。
しんどい! でも頑張る!

2,3ページくらいは貼り作業終わったので、もうすぐ連載開始できそうです。

そんな作業の最中、買いだめしている原稿用紙やトーンがしまってある引き出しをあさっていたら、昔々の原稿が出てきました。
懐かしくてついつい眺めてしまいましたが……多分、サイト開設当初のものだと思います。AZUREだったので。
そうして見ていると、今の形になるまでに何度も微妙な変更があったんだなあとしみじみ。

前にどこかで、元々はこんな長大な話になる予定じゃなかったんだ! と訴えた気がしますが、おおよそ今のような話にすると決まった後も、細かい設定は二転三転していたようです。面白半分、以下にまとめてみました。

・クラインが感情的、そして無垢な笑顔があった
一番笑ったのがこれでした(え
その当時、クラインはまだ作り笑いでも笑顔でいようという気構えがあったようです。作者の心に合わせて彼の心もちょっぴり荒んだようですね。(えええ
あと、第2話や3話冒頭で描かれている弟分の死に際し、怒りを露わにしていたのも今と違うところです。その辺のシーンは追々描いていこうと思います。「貴族嫌い」ってハッキリ言ってたのには(作者なのに)衝撃を受けました。

・プロローグの構成
今のプロローグですら、12話辺りまで進んでから見直そうと思ってるのに……。
今掲載しているプロローグはアレンサイドのお話がほとんどですが、当時はクラインサイドの話にしようと思っていたらしいです。
だから、弟分のことに言及するタイミングやラルフの初出話が違いました。(ラルフって誰ぞと思った方は2話へゴー)
あと出だしから暗かったです。

・アレンがレスに来た理由
これも少し違う感じでした。任務ではなくプライベートでした。
なので、クラインが何者かもはっきりとは分かっておらず、今より彼への接し方が優しかったです。というか腹黒くなかったです。
初対面でいきなり「リンゴ食べる?」とか言ってました。掴みどころのなさとリンゴ好きは当時から健在でしたね。

・シエルがいなかった
影も形もありませんでした。ひどい。
多分、「この子出したいな」くらいには思っていたんでしょうが、原稿が追いついていなかったです。悲しい。
同様の理由で第二のヒロインの存在も危うい感じでした。

……とりあえずこんなところです。出るわ出るわ。
発掘された原稿はあまりにも作画がひどすぎて公に出せたものじゃないですが、ゴミ箱にぐしゃああっ!ってするのももったいないのでとっておこうと思います。あるいはデータ化して元を処分するか。
まだまだあさったら部屋のどこかから過去の原稿が出現するかもしれないです。

今日は昔を懐かしみました。
ご来訪、ありがとうございます。
| 2016.10 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ

新しい欠片

月別の欠片

最新コメント

プロフィール

蒼井七海

Author:蒼井七海
なんか周りにオタクといわれてしまう社会人見習い。
少年漫画、ファンタジー、ネコが大好き。中学生の頃から息(だけ)長く創作サイトの運営やらなんやらしながら、漫画家を目指しています。
どうぞよろしく。

お客様

繋がる欠片

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ