FC2ブログ

AZURE第4話更新しました。~主人公の傷口をえぐっていく展開~

第4話その4
五十二。

こんにちは、七海です。雷のせいで寝不足です。

昨日のことになりますが、『AZURE』更新しました。(→「第4話 雷神の戦士たち」)
たいへんお待たせしました。スクリーントーンが届いたので、なんとか作業再開できました。64番トーンを5枚まとめて買ったので、しばらくは切らさない……はず。

わりとシリアスな展開に突入しています。作者的には「あー久々にクラインの番号が出てきたなあ」などと、あんまり本編と関係ないことを思いました。

第5話でも出てくるので今解説しなくてもいい気がしますが、せっかくなのでプチ解説。

五十二号は、ラミレス家内でのクラインの正式な呼び名です。エトワールの貴族の人々は、ペットと呼ぶ奴隷や実験体たちを、原則番号で呼びます(エミリオやレイラのような例外もいますが)。

一人ひとりに番号が当てられます。必ずしも入ってきた順というわけではないようです。

ちなみにフィルくんは六百二号でした。

最初に番号が出てきたとき(第2話)では算用数字表記にしていましたが、今回から漢数字表記に直しました。

以上、プチ解説終わり。

次はもう少し早く更新したいです。
しかしここ最近クッタクタなので、どうなるかわかりません。

ぼちぼち頑張ります。

いつもご来訪ありがとうございます。

スポンサーサイト