あと一日。

2013.07.18 19:38|バトン
 こんばんは、七海です。今日も相変わらずあっちぃですね。

 人前に出て、立って、何かを発表するときに足が震えるのをどうにかしたいです。緊張で力んでるんだろうし、加えて段々足が疲れてくるんでしょうね。まあ、なんて体力ないの。

 それはそうと、本日は氷蒼シキさんより回していただいたバトンに回答したいと思います!
 誰かに回して頂いたのを答えるのは久々なので、うきうきしております。

 それでは、続きからどうぞ。

【傾向バトン】


□貴方が創作するにおいてこういう傾向があるというのを述べてください。
(未発表作も含む)
そんじゃ、はりきっていこー!


■主人公

だいたいの場合は男。だけどたまに女子が主人公になるよ。
十代~二十代前半が中心となっています。性格は、無愛想だったり温和だったり底抜けに明るかったりいろいろ。ただし、不思議と共通しているのがツッコミ気質の苦労人という部分なのです。
あれ……若干学校での自分と重なって見える……。
主人公が女の子の場合が、気の強い子が多いです。あと、だいたいそういう場合はそばにいる男がキーパーソンになって、W主人公状態になります。

戦闘能力は高めの場合が多いですが、チートではありません。負けるときは負けるし、命の危険だってあるかもしれない。これは、作者が設定のときに意図的にやっていることです。
負ける場合は途中離脱などする、あるいはギリギリ命が助かる。あるいは命の危険性が無い戦いで負ける。死んで生き返るということはまずない。

■ヒロイン

どうだろう、と追憶していたら意外と気の強い子が多いようです。ただし、リネのような純粋に幼い子供もいるし、未発表作品の中ではおしとやかな人もいます。あと、エリーも比較的温和なヒロインです。
大体の場合において、近くからでも遠くからでも主人公を支えて守っている感じです。ただし、ヒロイン=主人公の場合はこの限りではない。
戦闘力などはいろいろです。ただ、発表済みの作品のヒロインは強い。あと、なぜか剣士が多い。

■ライバル・敵

ライバルはそばにいる相棒や友人がいつの間にかこれに該当しているケースが多いですね。たまにはガチ対立作ってみるか。
敵キャラに関しては、行動に何らかの信念・目的・理由を抱いて主人公側と対立する。ただし、やろうとしていることは世界全体からみてもとんでもなく迷惑――どころの話ではない――ことのときがほとんどであります。ファンタジーというジャンルの性質上なのか、単なる私の好みなのか、人間離れした奴がかなりいます。
あと、敵のなかでは心揺らぐ人を一人ぐらい設定しています。レイラがいい例。そのうち、敵サイドを離反するキャラも出てくるかも?

■女性キャラ

性格いろいろ。歳もいろいろ。立場もいろいろ。作品の中で極端に割合が低くなることもあります。その場合はどうにかして設定していますが……。
サブキャラからモブまで、少女からばあちゃんまで。女性は描きやすいです。

■男性キャラ

まず、『AZURE』風の作品の中では、かならずルークのような人を一人は置いておきます。男の子で後輩をつくるのも好き。
やはり性格は色々ですが、後輩キャラは大人しめになることが多いです。あと、最近脇役・モブキャラの中におっさんが頻出している。もう少し若者描こう。若者なんだから。


以下任意回答

■人間外

人と敵対しているものもあれば、人に友好的なやつらもいます。要はいろいろです。ただ、人と敵対している集団の中には例外が必ずいるのが私の作品のセオリー。
あと、ペット的な動物を結構登場させます。普通犬とか猫ですが、私の場合鳥も好きなので、たまにいます。『AZURE』のメインペットがまさにタグター(鳩)。

■幼なじみ

男主人公の場合はパターン色々。主人公と肩を並べたり、そばで支えたり遠くで見守ったり。勝気だったり優しかったり。
女主人公の場合は、なぜかしっかりしていて計算高い男子が多いのです。だけど、たまに揺らぐときは主人公に支えられる。逆もしかりです。ステラとレクシオは、まさにそんな関係なのです。

■ムードメーカー

圧倒的にアホが多い。ただし、漫才風に考えるならば苦労人もある意味ムードメーカー。『インドラ』や『調査団』はムードメーカーの集まりです。自然と味方サイドはそんな風になるのかもしれません。
雰囲気いいですね。

■聞いてみたい人

では……いつもいつもでアレですが、
黒蝶さん
みなもさん
ブライトさん

スルー可です。


------------------
エムブロ!バトン倉庫
http://mblg.tv/btn/view?id=11449
------------------
スポンサーサイト

Comment

お久しぶりです

こんばんは、氷蒼シキです。
此方への書込みが久々すぎて、物凄く緊張しております(苦笑)

バトン受け取って下さってありがとうございました!
七海さんは小説も色々書かれていて、
設定にどんな傾向があるのか素直に気になったので、つい(笑)

敵サイドで、心が揺らぐキャラを設定しているというのが良いなぁと思いました。
味方の葛藤もですが、敵キャラの葛藤というのは物語に厚みが出そうですよね。
意外に私はそういうキャラがいないことに気付いたので(汗)、
すごく納得しながら読ませて頂きました^^
私ももっと考えて設定作ろう……!


学生さんはいよいよ夏休み突入なのですね、羨ましいっ!(笑)
宿題など大変かと思いますが、暑さに負けないよう、
また、熱中症などにも気をつけてお過ごし下さいね。

漫画の更新ももちろんですが、
毎日のブログ更新も楽しみにしております(実は日参/苦笑
あっ、それとまたバトンを回すかもしれませんが、
ご迷惑でなければ受け取ってやって頂けると嬉しいです!
それでは長々と失礼致しましたっ
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ

新しい欠片

月別の欠片

最新コメント

プロフィール

蒼井七海

Author:蒼井七海
なんか周りにオタクといわれてしまう社会人見習い。
少年漫画、ファンタジー、ネコが大好き。中学生の頃から息(だけ)長く創作サイトの運営やらなんやらしながら、漫画家を目指しています。
どうぞよろしく。

お客様

繋がる欠片

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ