FC2ブログ

魔術研究

アレンと本
幼いアレンを描こうとして失敗した。
あっ、もともと童顔だからか。

 こんばんは、七海です。無駄に気合の入った落書きその2。
 全体のアップは明日にさせて下さい。眠いのです。

 今回の絵は色々考えた末、アレンになりました。なんだかんだでこいつ描きやすいのだよ。髪の毛とかを除けば。
 とりあえずなんか、魔術の修行風景みたいなものが描きたかったのです。
『AZURE』の世界、かつその時代には一種の技術として確立している魔術ですので、あまり占い的な側面は残っていません。が、そもそも『構成(魔法陣)』の図柄のモチーフが占いとかに関連するもの、という設定なのでまあそんな感じの道具があっても不思議じゃないかな……と思い、上の絵で見える本の山のすぐ横に古臭い地球儀があります。下手で笑えます。

 相変わらずミスってますが、まあ見逃してやってください。

 紆余曲折の末例の原稿が九月期の応募になりそうなので、ちょっと余裕かましてます。明日か明後日のところで宿題のほんの残りをやっても悪くないかな、とか考えなくもない。しかしその前に『AZURE』のつづきをさっさと描きたいところです。
 でもまあ、とりあえず今週は例の原稿とか落書きとかしようと思います。

 本日もご来訪ありがとうございます。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する