FC2ブログ

ブログではお久しぶりです~近況その他~

2018.04.27 21:15|更新情報
こんばんは、七海です。
ドタバタいろいろやっているうちに、ブログを結構放置していました、すみません。
心の奥底の方は病みかけている気がしなくもないですが、表面上は元気にやっています(怖…

ブログ放置中もいろいろあったりやったりしていたので、順番に書いていきます。

<『風語り』>
第六話html化、順調に終わりました。
今回は羽休め&つなぎ回、という感じでした。第七話で状況が一気に動きます。第七話は現在打ちこみ中です。しばしお待ちあれ。

<『AZURE』>
一応更新できるだけのストックがあるのですが、このまま更新するか、第4話全ページできあがってからにするか、真剣に悩んでいます。……が、サイト開設日までには更新しようと、今日思いました。

<読み切り漫画>
ここ一週間はこれがメインでした。読み切り漫画『魔法屋アンジュは眠らない』公開しました。ネーム(※)です。雑ですが、テキストだけは読みやすいように打ちこみました。
「マンガonウェブ」主催、『第10回ネーム大賞』にネット応募しています。久々の漫画コンテスト応募作品。果たしてどこまで頑張れるか……もう応募してしまったので、後は祈るような気持ちで中間発表を待ちます。

※ ネーム…漫画の下書きの下書き。鉛筆などで簡単にコマを割り、単純な絵を入れる。私の二番目に嫌いな作業(一番はスクリーントーンを貼ること)

+α この作品のページだけ、試験的にスマホ対応してみました。Javascriptに苦しめられ、何週間も頑張った結果、メディアクエリーとユーザーエージェント判定を駆使してどうにか実装成功。自分のAndroidでテストしたところ、バナー広告の出現により漫画の上部分と、「目次」ボタン(「物語」ページへ戻る用)が隠れるというトラブル発生。
margin-topの調整をして漫画は全部見えるようにしましたが、「目次」ボタンはいまだに隠れたままなので、ちょっと対応考えようと思います。

<その他最近のあれこれ>
逃げ回ってきた就職活動に追いかけられていて辛いです。(逃げ回ってきた、といっても、いくつか挑戦しては落ちているのですが)

webのあれこれが最近楽しいので、これをどうにか仕事に活かせまいかと勉強を進めてはいますが、どこまでできたら実務レベルなのかがいまいちわからなくて困っています。marginとかpaddingとか、ちゃんと計算して組めるようにならないとだめなのだろうか……。
とりあえず最近は、漫画ビューアが作れるようになりたくて(超趣味)JavaScriptの勉強をしていますが、道は険しいです。

その他趣味系でいうと、『死を見る僕と明日死ぬ君の事件録』という小説が想像以上におもしろくて何度も読み返してみたり、『約束のネバーランド』にどハマりして電子書籍購入したり、いろいろ刺激が多くて嬉しいです。『約束のネバーランド』は、今のごたごたが落ちついて新居が決まったら紙本全巻買ってやる、と決めています。新たな野望です。

仕事……探さなきゃ……でも面接いやだあああ
がんばります(白目)

ご来訪、拍手などありがとうございます。

AZURE4話漫画ページ修正のお知らせ

2018.03.28 19:23|未分類
七海です。

先ほどブラウザとhtmlを編集しておりましたところ、先日更新したAZURE4話の13~15ページが表示されていないことが判明したため、修正いたしました。現在は正常にご覧いただけます。
ご迷惑をおかけして、申し訳ありませんでした。

なお、現在も表示されない場合はCtrl +F5(Windows)でスタイルシートの再読み込みを行ってください。

またもご無沙汰

2018.03.25 08:26|創作話
七海です。ぼちぼちやってます。
サイトが一カ月以上放置されている気がしますが、レイアウトの微調整は細々と行っています。
いや、コンテンツを更新しろよ。

何もしないのもあれなので、この間の祝日に、普通紙に殴り書きしたものをさらしておきます。題して、「あの頃の漫画を今書いたらどうなるか」。
無性に戦闘シーンが描きたかったので、『AZURE』第2話の一部を改めて描いてみました。14、15ページに相当します。

ちょっと細かいネームくらいの雑さなので、見づらいかもしれません。すみません。


おためし14

おためし15


うん……まあ、あれですね。さすがに7年近く経てば、多少は上達してますね。してます……よね? 
一部せりふや流れが変わりました。自然な感じにしようと思ったらこうなりました。

楽しかったです。早く最新話でクラインを動かしたいです。

更新頑張ります。
ご来訪、ありがとうございます。

7年だったり7年だったり1年だったり

2018.03.11 19:14|お返事
七海です。
今日は法事に行ってきました。父の一周忌と、親戚の七回忌。たまたま時期が近かったもので合同です。

1年か……早いな……
私、あれから少しは変われたのかな……と考えています。

いまだに職なしではありますが。
ごめんよ、お父さん。私、がんばるよ。


さて、続きから拍手コメントの返信です! やっとできる!
許可をとっていないのでここには掲載できないのですが、なんと、素敵なgifアニメまでもらってしまいました。メッセージを発見したときには本当に舞いあがった。だというのに返信が遅れてすみません! 伏して謝ります!

ご来訪、ありがとうございます。久々にペンタブ使ったら、いろいろ忘れていてあせりました。

続きを読む >>

KOLおつまみ更新20

2018.03.06 22:29|小説・詩
七海です。気が付いたら3月になってるどうしよう。

そして、拍手コメントをもらっていたことを後になって気づきました。管理画面はちゃんとチェックしないとだめですね。申し訳ありません。後日お返事を書かせていただきます。

ひとまず今日は、KOLの続きです。
本編はこちら



 当時の『神聖王』は老齢で、また病に伏せっていた。ゆえに『堕天使』たちの侵攻に対処することができなかった。ジェラルドが選ばれたのは、アウレリアーノの死期が、すでに近づいていた証だったのだろう。そして、ジェラルドの存在を、『天使』ならではの感覚で知ったアウレリアーノは、彼のもとへ使者をやったのだ。藁にもすがる思いだっただろうと、当時を語るジェラルドは、苦笑した。
「俺は守護天使とかすぐに信じられなかったけど、とりあえずその使者についていったんだ。それで、アウレリアーノに引き合せられて、守護天使のことや、『堕天使』のことを聞いた」
「どう、思った?」
 光貴は、慎重に尋ねた。
「大人が子供(ガキ)をからかってるのかと思ったよ」
 先代の『神聖王』は、笑い飛ばした。ぽかんとしている息子に、意地悪な笑みを向ける。
「おまえも、晴香も、戸惑っただろう。『神託の君』のこと、はじめて聞いたときは。それと一緒だよ。いきなり言われたって、信じられるわけない。けどなあ、日増しに俺の中の魔力が主張をしてくるんで、だんだん、爺さんのいうことを受け入れるようになっていったんだよ。だから俺は、結局、『神聖王』の座を継ぐことを選んだ。考える時間が本当はもっと欲しかったけど、贅沢言ってられる状況じゃなかったし」
 いつ、『堕天使』が王都に攻め込んできてもおかしくない状況だったらしい。だからジェラルドとアウレリアーノと王宮の人々は、それから急いで、聖墓所に向かったそうだ。すでに国土の大半を奪われているなかで、守護天使の象徴たる聖墓所が敵の手におちていないのは、奇跡のようなものだった。――あるいは、守護天使の象徴だから、手を出せなかったのか。
「で、まあ、光貴が今しがたくぐってきたような試練を俺も受けさせられてな。ひいひい言いながらなんとか戻れて、その直後に爺さんが息をひきとった」
 光貴は黙って聞いている。もはや言葉が見つからなかった。
「そこからは、ほんと激動だったな……。いよいよ王都が危ないってなって、俺はなんか流れで反乱軍の長をやらされることになってなあ。それが、美雪の話していた『解放軍』だよ。んで、まあ、その後はだいたい、おまえも知ってるとおりだな」
 ジェラルドは、変わらず明るく笑っている。その笑顔の裏、若き日の彼の中には、どれほどの戸惑いと苦労があったのか。光貴は、考えずにはおれなかった。
| 2018.08 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ

新しい欠片

月別の欠片

最新コメント

プロフィール

蒼井七海

Author:蒼井七海
なんか周りにオタクといわれてしまう社会人見習い。
少年漫画、ファンタジー、見ているだけなら小動物が好き。中学生の頃から息(だけ)長く創作サイトの運営やらなんやらしながら、漫画家を目指しています。
どうぞよろしく。

お客様

繋がる欠片

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ